Diabolus ex machina

diabolus ex machina
ディアボルス・エクス・マキナ=「機械仕掛けの悪魔」という意味のラテン語。

スポンサーサイト

2013.01.10 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

いつの間にか出てた!

2011.09.28 Wednesday 00:23
もう出ないものと諦めていたコミックの新刊がいつの間にか出ていました。
私は定期的にアマゾンで好きな作家やアーティストを検索しているのですが、そのおかげもあって発見できました。
思わず声が出たくらい嬉しかったです。
本 Posted by 姫野かずら | comments(0) | trackbacks(0)

ジョン・タイターの復刊本出ないかな・・・

2011.04.19 Tuesday 05:43



アニメ「シュタインズ・ゲート」の第一話を見て以来、ジョン・タイターの本が読みたくて仕方ありません。
しかし、アマゾン、ブックオフなどで調べてみたところ新品は品切れ。
アマゾンのUSED商品はプレミア価格。
ちなみに、現在の最安値は、およそ8700円です。
ちょっと興味があるという程度のネタにそんな金額はとても出せません。
続きを読む >>
本 Posted by 姫野かずら | comments(0) | trackbacks(0)

「花咲ける青少年」特別編

2010.03.01 Monday 06:59



現在、NHKでアニメ版が放送中(もう終わってる?)の「花咲ける青少年」(樹なつみ原作)ですが・・・

その原作コミックの読みきりが《特別編》として4月28日発売のメロディ6月号から4号連続で登場するそうです。
これは嬉しい。
樹なつみ作品では「OZ」と「花咲ける青少年」がすごく好きで、何度も読み返しています。
アニメで樹なつみの世界が気に入った人はぜひ原作も読みましょう。

上の画像はムスターファのつもり。
画像検索で白い豹を探してきました。
続きを読む >>
本 Posted by 姫野かずら | comments(0) | trackbacks(0)

もやしもん

2010.02.27 Saturday 04:19
「もやしもん」の実写ドラマ化の話題をあちこちで見ていてふと思い出したので遅ればせながら書きます。

「もやしもん」の第8巻がヤバイくらい面白いです。
原作を読んでいない人は8巻を読むために今からでもいいからコミック第1巻から読み始めるべきです。

実写ドラマ「もやしもん」が8巻の内容まで進むとは思えませんし、アニメ「もやしもん」の2期が仮に作られるにしても8巻までは行かないでしょう。
「もやしもん」が好きな人ならなおのこと、こんなに面白い話を知らずにいるのは勿体無いです。

8巻一冊を使ってビールをテーマとした一つの大きな物語が展開します。
正直、8巻の話を劇場版として製作して欲しいくらい個人的にはツボです。
今回の主人公はミス農大こと武藤葵で、新たな登場人物との絡みが非常に楽しいです。
話の起承転結がしっかりと出来ていて、お手本のような物語です。
じょじょに盛り上がっていき、最後の農大版オクトバーフェストまでの展開は畳み掛けるような勢いで圧巻です。
続きを読む >>
本 Posted by 姫野かずら | comments(0) | trackbacks(0)

のだめ最終回

2009.10.13 Tuesday 04:45



マンガ「のだめカンタービレ」が終わりました。
最終回でうまくまとめてます。
読後感も良かったです。
思わず、過去の話を読み返したりしました。
本当に、最初から最後まで面白い作品でした。
ただ、正直な感想としては後半が少し残念でした。

ものすごくイイ所で出産のために休載してしまい、しばらくして、ようやく始まり、
「さあ、いよいよだ!」
と、楽しく読んでいましたが、復帰後あっという間の最終回でした。
いよいよ、のだめが本当の意味で音楽の世界で活躍し始めたばかりだったというのに・・・

「のだめカンタービレ」というタイトルではありますが、実質的には主人公は千秋だったと私は感じています。
その千秋と父親の今後とか(競演するのかどうなのか、みたいな)、あと千秋には師匠が二人いるのですが、その二人、シュトレーゼマンとヴィエラのこととか、読みたかった話はたくさんありました。
特にヴィエラ先生が結果的にチョイ役で終わってしまったことが残念です。
そうとう面白そうな人だったので、ずっと登場を楽しみにしていただけに、なんだかなー、と。

でもまあ、あれも読みたいこれも読みたいと言い出すと、魅力的なキャラクターが多かった作品なのでキリがありません。
パッと終わらせてしまったのは、それはそれでよかったのかもしれません。
ちなみに番外編があるそうなので、もう少しだけ、のだめの世界を楽しむことは出来るようです。
続きを読む >>
本 Posted by 姫野かずら | comments(0) | trackbacks(0)

待望の分冊版

2009.05.31 Sunday 02:05



何気なく新刊のチェックをしていたら、ものすごく惹きつけられるタイトルが。
続きを読む >>
本 Posted by 姫野かずら | comments(0) | trackbacks(0)

 1/3PAGES >>